本文へスキップ

「気」の不思議が100%体感できる! 体感!気功術

収功とは?/気功術

気功術

体感!気功術HEADLINE

収功とは?

収功とは、気功において、気功状態から通常の状態にもどるとともに、気功の成果を体に定着させる技法です。

 気功状態では多かれ少なかれ入静していますから、体の代謝が下がっています。通常の生活にもどるには、体を通常の状態にもどしておく必要があります。

 また、折角気功で得られる効果を大きくできる状態を作っておくことが望まれます。

 方法はいろいろです。一般論としては、体の一部に集まりすぎた気を散らします。一方、気が集まった方が望ましいところに気が集まるようにします。また、代謝を早く回復するように刺激を与えます。

 動作としては、周りの気を集める動作、気を集めたい体の部分に気を移動する動作、望ましい場所に気を安定させる動作、体を刺激して意識を通常の状態にもどす動作などがあります。

 収功に使う動作は、"静功ではこれ"、"動功ではあれ"というように、少数に決めておいて、同じ動作を使う方がいいのです。同じ収功の動作を使うことによって、条件反射が働いて早く通常の状態にもどることが出来ます。

 改めて収功の動作を行わない立場もあります。その場合には、改めて特別の動作を行わないうちに体が通常の状態に戻る働きが体に定着して行きます。とはいえ、深く入静する静功の場合には、確実に通常の状態にもどるために、収功を行った方がよいでしょう。

 ヨガでは、”死体の体位”といって、仰向けに寝て体を完全に弛緩させる方法があります。この技法でも、他の体位、瞑想、体操のあとで短時間(10秒間〜1分間)行う場合には、気功でいう収功と似た意味合いがあります。






気功術 実践講座

気功術 講座資料自宅にいながら
「気」の不思議が100%体感できる!


詳しい資料を取り寄せてみてください。
もちろん、
資料請求は無料なので、詳しい資料でじっくり検討できますよ