本文へスキップ

「気」の不思議が100%体感できる! 体感!気功術

気功の歴史/気功術

気功術

体感!気功術HEADLINE

気功の歴史

現在、 判っている気功に関する最古の資料は、4000年以上前とみられる新石器時代の壷に描かれている「亀の呼吸」を真似している人の絵です。 古代の人達は舞踊の動きにより健康を維持していました。これが気功の「動功」に発展していったと考えられています。

 右の図は前漢初期(紀元前2世紀)の馬王堆漢墓で出土した絵の一部ですが、内気功のポーズを描いたものです。

 前漢時代に書かれた「導引図」は気功の原典といわれています。導引というのは態経鳥伸(ゆうけいちょうしん)などで行う治療・養生法で、関節、体の屈伸や動作、摩擦、呼吸などで体を整えて、健康で長生きするための、体系化された保健法です。

 紀元前202年〜紀元後8年に書かれた中国最古の医学書「皇帝内経」の中には「気」が病気といかに深い関わりを持つかが詳しく書かれています。

このように2000年前に気功は、整理、体系化されて、広く人々の間で行われていました。

 この後、漢代に「傷寒論」を記した名医・張仲景や、保健運動「五禽戯(ごきんぎ)」を作り出した華侘(かだ)等により有効な治療法として用いられて今日まで受け継がれてきました。

 気功という名称は、意外に新しく、1957年に劉貴珍が「気功療法実践」という本の中で、「気功」という名称を使ったのが初めです。戦後中国政府の医療事業の一貫として「中西医合作」(中国の伝統医学と西洋医学とを合体させる)の方針の下、気功を含めての中国医学が見直され、気功も体系化されました。

 その後、文化大革命で旧来の物として、気功術も批判、弾圧を受け、一時衰退しました。 しかし文革の治まった後、法輪功騒動といった逆風はあったものの、整理、体系化された気功法が一般大衆に受け入れられて、再び隆盛をむかえています。






気功術 実践講座

気功術 講座資料自宅にいながら
「気」の不思議が100%体感できる!


詳しい資料を取り寄せてみてください。
もちろん、
資料請求は無料なので、詳しい資料でじっくり検討できますよ