本文へスキップ

「気」の不思議が100%体感できる! 体感!気功術

気の種類/気功術

気功術

体感!気功術HEADLINE

気の種類

人体における気は、分布部位や機能の違いなどにより、元気・宗気・営気・衛気などの名称がつけられている。

元気(原気):最も基本的、重要な気で、両親から受け継ぐ先天の元気と、 飲食物を介して得る後天の元気とがある。

宗気:肺に吸入される清気と、脾胃の運化作用により生成される水穀の気とが結合してできるもので、胸中の気あるいは胸陽ともいう。

営気:血脈中に分布し、脈管内を巡る気。

衛気:衛陽ともいう。脈管外を運行する気で、外は皮膚・肌肉から内は蔵府 まで、全身に分布し、体表を保護して外邪の侵入を防止、体温を調節、蔵府を温め皮膚を潤滑に保つ等の機能がある。

臓腑の気:五臓六腑に分布している気であり、各臓腑の生理機能を推進している。






気功術 実践講座

気功術 講座資料自宅にいながら
「気」の不思議が100%体感できる!


詳しい資料を取り寄せてみてください。
もちろん、
資料請求は無料なので、詳しい資料でじっくり検討できますよ